ゴルフ  練習の仕方、取り組み方

練習をしなくては上達は難しいですよね!

では上達するためにどのような練習をしてますか?
ただ漠然とボールを打っていませんか?

練習場に行って一生懸命練習してもしっかりとしたイメージ、
なにをできるようにしたいかという目的がしっかりプランニィングされていないと、
その日の自分の感覚にクラブとボールを合わせる感覚を鍛える練習に終わってしまいます。
練習開始時は思うように当たらなかったボールが、帰り際では当たるようになり満足して終了するも、
次回の練習は前回当たるようになったからと意気込むもまったく当たらずという経験ありませんか?

ゴルフで難しいところは『ボールが地面に止まっている』ところです。
地面にあるということは体の上下動があってはミート率が安定しませんし、止まっているということはプレーヤーが力を加えないと飛びません。
ゴルフにはアドレス(構え)したときに前傾の角度ができます。
この前傾こそが地面にあるボールを打ちやすくするための角度です。
(なかなか日常生活で前傾を保つことなんてないですよね)
また体を回転させるといいますが、クラブという道具を使って止まっているボールを動かします。
効率、バランス、勢いよく振ってボールを遠くに飛ばすためには
体が左右に動かないようにして軸を設けた方が安定します。
その軸をもとに体を捻ることで再現性のたかい効率的なスイングができボールを飛ばすことができます。

このように非日常的な動作をするのがゴルフスイングです。コースでラウンドすることは楽しいけど練習は嫌いな方、練習場に来るとドライバーで飛ばしをメインにしている方やショートゲームの練習をしない方は残念ながら上達は厳しいかもしれません?

実践を踏まえた練習こそが上達の鍵ですよね。
先ずは安定したスイングをするためのアドレスチェック。自分のミスの傾向がわかっている方なら課題克服の練習を継続しましょう。自分ではミスの傾向が理解出来ていない方は症状をしっかり把握しなくては対処、克服できません。独学で修正される方、ゴルフレッスンを受けられる方、自分のレベルアップのために何をしなくてはいけないかをしっかり把握することが上達の近道です。

「上手くならない」とよく言われる方がいますが、ゴルフは急には上達できないスポーツです。
レベルアップするには練習を継続することが大事です。地道な努力に勝るものはありません。
「継続は力なり」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA