ゴルフ  ある日突然スランプになる・・・

ゴルフの難しさは“できたっ”という感覚がすぐになくなることです。

どんなに練習を積んできてもゴルフ場でいざボールを目の前にすると
緊張、不安がよぎるものです。
そこで何も出来ずにこんな筈ではないと
がむしゃらにボールに当てよう当てようとした経験ありませんか?
メンタル、スイングを壊してしまっては一生懸命に練習してきたことが
何も活かされなくなってしまいます。
こう言う時は本当になにやってもダメで辛いですよね。

しかし同じスポーツでも動きのあるものなどは感覚を掴めばしめたもので、
久し振りにそのことをしてみても、また感覚が蘇れば楽しくなります。
しかしゴルフになるとこの感覚がなかなか無いんですよね。
この感覚が掴めている人はHDCPの少ない方、感覚の鋭い方のみで、
多くのアマチュアの方にはわかり得ない感覚になるのではないでしょうか。
HDCPの少ない方、プロゴルファーでも感覚がズレルことは往々にしてあります。
上級者ほど感覚がある人ほどその感覚のズレがとてもスイングする上で
違和感に繋がり、そこを気にするがあまりにスイングがバラバラになり
プレーに集中力がでなくなります。
日々変わる感覚でボールに当たった、当たらないではなく、
基本(ゴルフ理論)を学ぶこと、基本動作を持つことが最終的には近道だと思います。

上級者の方は良い時のスイングを動画で撮っておいたり、
自分だけの感覚を手帳にでも記しておくことが大事です。
またコーチがいるのであればその時のスイングを見てもらっておくことも大事です。
初心者の方はゴルフで使う体の動きを知りません。
はじめにゴルフというものはこういうものだと
頭と体に覚えこませれば簡単には忘れません。
その反復練習をしっかりしておくことで、
自分のミスの傾向、注意ポイントが明確になり
その後のゴルフにどれだけプラスになることでしょうか。
何事も始めが肝心ですね。
始めから感覚の優れている方は稀で、多くの方が白球と向き合い
苦戦するのがゴルフです。
初心者の方がボールに当てられるように努力をする、
上達してる方がもっともっと上達したいと努力したくなるのも、
ゴルフの難しさがゆえでそこが面白さです。
老若男女を虜にするゴルフの楽しさはこの辺にあるのだと思います。
ゴロゴロ、ブンブン曲がるボールだけでは心が折れますが、
気持ちよく振りぬけた時の爽快感が癖になるんですよね!

大人になるとクセのあるモノ、苦みのあるモノが美味しく感じるように
ゴルフの難しさをぜひ楽しさに感じてもらいたいですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA