ゴルフ  スイングを覚える8時・4時

時計の文字盤をイメージしてスイング作りをすることで、
左右対象のバランス感覚を養い、下半身(足)を動かさないことで上半身の窮屈感を感じられます。
上半身(左肩)が開いてしまうと方向性はもとより、下半身と上半身の捻転差が生じずに、
飛距離を出すために下半身(腰、足)でボールを打つことが難しくなります。
その為にも足を使わずに手、クラブの振り幅だけでボールを飛ばせるようにしていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA