ゴルフ  スイングを覚える9時・3時

時計の文字盤を応用してのスイング作り
9時から3時

アドレス時の重心は左右5:5
つま先、かかとに対する重心は親指の付け根とかかとで地面を掴む感じです。
肩のラインを飛ばしたい目標線と平行にし、このラインがスイング中にも変わらないように
心掛けましょう。

スポンサーリンク

ふり幅

今回のふり幅からスイング中に足を使います。
クラブを持たずに右手にボールを持ち、ボールを投げる動きをしてみてください。
右利きの方でしたら右手にボールを持ち左足を前に踏み込み、右腕と右足(右腰)を同調させながら
ボールを目標方向にリリースします。
このボールを遠くに飛ばそうとする時には腕の振り、右足の蹴りあげが強くなります。
その際、頭が目標方向に突っ込まないようにお腹を突き出します。
この動きをゴルフのスイング中の下半身の動きとしてイメージしてみてはどうでしょうか?
上体は正面を向けたまま、下半身を目標方向に向けるという捻る動作、
なかなか日常にはありませんがこれがゴルフスイングの捻転動作です。
最初はしっくりこないと思いますが、頭と体で少しずつ覚えていけたらいいですね。
まずはクラブを持たずにボールを投げるイメージ練習、クラブを持ってのスイング練習と
交互に取り組んでいきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA