ゴルフ  足裏の感覚を知る

足裏の感覚って言われて感じている人はどの位いるだろうか?

上級者になると歩きながら足裏で地面の凹凸や傾斜を感じ、
無意識にアドレス時の体のバランスを取っています。
建物も基礎工事がしっかりしていないとグラついてしまうのと同じで、
ゴルフスイングも土台(下半身)が安定してなくてはスイングもままなりません。
スイングをするというと上体でクラブを振ろうとされる方がいますが、
上体で振るためには下半身が踏ん張れていないと強く振ることはできません。
いかにバランスよく安定したアドレスがとれるか、
いかにバランスよくスイング出来るかは下半身の意識で決まります。
下半身というと足全体をイメージされてしまいますが足裏のことです。
まずアドレスをとる際に足を肩幅に広げます。
股関節を地面に向けるように上体を前掲させます。
前傾した上体のバランスを取るように膝を軽く曲げます。
その際膝を曲げ過ぎてしまうと太ももの前側(大腿四頭筋)に力が入ってしまいます。
足の前側に力が入ると体の捻りとともにバランスが崩れやすくなります。
必ず太ももの後ろ側(大殿筋)に張りを感じるようにアドレスしましょう。
次に重心を足裏のどこに掛けているかですが、かかと過ぎずつま先過ぎずのバランスです。
ジャンプして着地する際にどこが1番最初に着きましたか?
お願いしたいのは親指の付け根(母指球)とかかと内側です。
スイング中、テークバックでは右足内側、ダウンスイングでは左足内側で力を
受け止められるように足裏を使いたいのです。
その為には何気なくアドレス時に立つではなく、
しっかり地面を掴むように立つアドレスを心掛けることがとても重要になります。
ご自身のアドレスを再チェックしてみてください。

15-11-17-08-54-02-945_deco

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA