グリーンセンター狙いが基本

セカンドショットで
「どこを狙っていますか?」と尋ねると、
ピンですと答える方がいます。
ピンの位置やライの状況、プレーヤーの技術レベルによりますが、
ピンを狙うという考えを変えることでスコアーがアップすると思います。

確かにプロの試合を見ていても、アイアンショットでピンを狙ってきますし、
ベタピンに付けてのバーディーは華やかでありアマチュアゴルファーの理想のゴルフです。
逆にグリーンに乗せられずにアプローチで必死に寄せてパーを拾っているゴルフは、
上手いと思いますが華がなく枯れていると思われがちです。
しかし、プロゴルファーはピンを狙っていても、グリーンを外した時にアプローチで寄せられる
技術、狙いながらも安全なところをしっかり頭に入れてどこもかしこもピンを狙っているわけでは
ないんです。
池やバンカーが多く景観が綺麗な洋風なゴルフ場でプレーされたことがあれば、
2段グリーンや3段グリーン、傾斜が強いグリーンでこっちからカップに寄らないよと
思われたことがありませんか。


スポンサーリンク

センター狙い



セカンドショットやサードショット地点からはグリーンの傾斜やグリーン周りの形状がわかりにくく、
フェアウェイで絶好のライからではピンを狙いたくなりますよね。
年々プレーヤーの技術もボールやクラブと道具の進化もすさまじく、高いボールでスピンをかけて止めることができます。
グリーンのアンジュレーションがきつければグリーンセンターを狙うのではなく、
パターが打ちやすいカップとおなじ傾斜(面)に乗せることが必須です。
アンジュレーションが少ないグリーンのセンターに乗せておくのと、
グリーンに乗せられずアプローチをするのでは気分も違いますし、
バーディーが狙えますしパーを取る確率が上がりますよね。
アンジュレーションがなく大きなグリーンであれば、縦、横に十字に割った
グリーンをイメージしてその仮想の面に乗せることが大事です。

プレーヤーの技術によりコース戦略は異なりますが、
まずはどんな位置にピンがあってもピンを狙わずにグリーンのセンター狙いを
心掛けてプレーしてみる勇気?強い意志を持ってください。
自ずとグリーンに乗る確率が上がると思います。
グリーンに乗る確率が上がればスコアーも上がってくると思います。
グリーンのセンターを狙う攻め方は守りのゴルフのようで、
安全なゴルフゆえに攻めのゴルフなんです。



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加