ゴルフ  フェアウェイウッドを打つ

飛距離が出ない方や女性はセカンドショットでフェアウェイウッドを使用される機会が多いと思います。
そこで気持ちよくボールを飛ばせるか、ゴロゴロなかなか前に進めずに苦戦するかで、気持ちもスコアー
も大きく左右されてしまいますよね。

ドライバー、アイアンは打てるのにフェアウェイウッドが苦手といわれる方はけっこういらっしゃいます。
何故かと聞かれたら振り切るスイングが出来ずにボールに当てにいくスイングをしているからだと思います。ドライバーは当てにいくスイングでもアドレス時の前傾が浅く、またティーアップしてあるボールを打つので打ち込むというより、払うイメージでスイングしますよね。またアイアンはフェアウェイウッド同様に地面にあるボールを打つのですが、アイアンになるとクラブの長さが短くなるので力がない女性でもフィニッシュまで振り抜きやすくなります。
ボールがラフに入り、フェアウェイウッドで当てにいこうとすれば手先の感覚は増しますが、スイングのスピードが上がらずにボールが思ったように飛んでくれません。スイングスピードが上がらないとは腕には肘と手首の2ヶ所関節があります。クラブを振るためにはこの関節を上手く使わなくてはいけませんが、ヘッドをボールに当てにいこうとすると、この関節を全て伸ばしてしまう傾向があります。肩から腕とクラブを1本の棒のように使うことでボールに当てやすく感じてしまうのですが、これではスピードを出すことはできません。


スポンサーリンク

関節を上手く使う



本当は手首を使いクラブを振ってほしいのですが、
手首の動きとは360度自由に動き、どこを意識してどう使うかはなかなかイメージがピンと掴めるものではありません。しかし肘関節は曲がる方向がシンプルで複雑に考える必要がないと思います。
如何に体を左右に動かすなかで腕を上体の正面に保ちスイングするかを肘を使い腕と体の一体感を感じてスイングしてください。


イメージが掴みやすいように動画をご用意しました。




ご覧になり、
腕を伸ばさずに肘を曲げてスイング練習してみてください。テークバック、ダウンスイングでの腕の動きが今までとはかなり異なると思います。
腕は伸ばすものと練習してきた方には初めは違和感あると思いますが、腕が伸ばされない分スイングスピードが上がり苦手意識のあったフェアウェイウッドが気持ち良く振り抜けることと思います。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加