ゴルフ  バンカーショット

バンカーと聞くと
入れたくない、苦手だと思われている方がおられますが、クラブと体の動きを覚えることでこのストレスは緩和できると思います。
苦手意識克服に練習していきましょう。

先ずはクラブの使い方です。
グリーン廻りのバンカーであればSWを多用します。
SWのソールは広く、バンスという角度があります。
このソールが広いことで砂にクラブが潜らず、ボール下の砂に適度にクラブが入り弾かれ易くするためです。バンスはフェースを開いて地面にクラブが置くとバンスがあればあるほど地面とクラブの刃先に空間ができます。コレによりバンスを砂に叩きつけてもクラブの刃先下の空間に砂が入り込み、ダフってしまってもクラブがボールの下まで滑り込みやすくなるためです。バンスを使って砂を弾くことを先ずはしっかり理解してください。
また砂を弾く為には手先の器用さでボールをすくったり、手首の角度を伸ばし腕を棒のように使って砂を叩きつけてしまってはクラブが砂を弾く感覚が得られにくくなります。苦手意識の強い方は腕を伸ばしたまま砂を叩こうとするので距離を出すバンカーは振り抜けば出るのですが、短い距離のバンカーになると腕を伸ばしたままでは飛び過ぎてしまうので肘を曲げたり、スイングスピードを遅くしてスイングしようとします。これでは再現性、効率が良くありません。


スポンサーリンク

道具を使う



フェースを時計の針で2時くらいになるように開きます。そこでグリップをしっかり握ります。足は肩幅に広げ通常のショットと同じように飛球線に真っ直ぐ構えます。グリップ位置はハンドファーストにせず体の正面にくるよう大文字のYの字になるように構えます。デーくバックではフェースの先が上を向くようにあげる為に腕を伸ばし手首を使ってクラブを起こします。またインパクト以降もフェースの先が上を向くように右腕を伸ばしてクラブを起こします。
距離が短くても、遠くてもアドレス時のフェースの開き具合とスイングのスピードで調整しますが、スイング幅で調整してしまうと緩みやパンチが入りやすくなりますので必ず通常のショット同様にスイングすることを心掛けましょう。

動画をご覧下さい。

かなり早口のためお聴きづらくて
申し訳ありません。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加