ゴルフ コックとヒンジ

ゴルフはクラブという道具を使いこなしてボールを飛ばします。
クラブを効率良く気持ち良く振るためには是非覚えていただきたい動作があります。

それがコックとヒンジです。

コックは聞いたことがあっても、ヒンジということばを聞いたことがない方もいらっしゃると思います。
コックはクラブを地面から上に起こす動作で、
ヒンジはコックでできた手首の角度を保ったままクラブを加速させる動作です。

地面にあるボールを打つとは肩からクラブヘッドまでを1本の棒のように腕を使われる方がいます。
確かに腕を伸ばした方がボールに力を、また安定してボールにクラブが当たりそうに思いますが、
ここがポイントで腕を伸ばしてはクラブを動かすスピードが上がらずスイングにしなやかさがなくなります。

ゴルフはスイング時に前傾した角度を保ったままクラブを振ることが理想です。
前傾したままクラブを振るのに手首の角度をほどき伸ばしては
スイングスピードをはやく振ることも、前傾を保つことも難しくなります。



スポンサーリンク

クラブを振る



クラブを持たずに体の正面に右手を出します。
親指が上に向くように手のひらを左、手の甲を右にして上を向いている親指を自分の方に向ける動作がコックです。
また手のひらを上に向けたり下に向けたりと手を捻る動作がヒンジです。

この動作を組み合わすことで手首の角度を保ち素早く手を動かすことができます。
テニスや卓球をされたことがある方はボールにトップスピンを掛ける動作をイメージしてください。
お料理をされる方はフライパン返しで食材をひっくり返す時の手首の角度、速さをイメージしてください。
スイングはクラブを上にあげることでのうまれる落下のスピードと、
体を横に回転させることでうまれるスピードがあります。

この縦と横の動きがアドレス時にできる前傾により斜めにクラブを振らなくてはスイングプレーンが作れません。
スイングプレーン(理想のクラブの軌道)に沿ってクラブが振れるように練習しましょう。
動画を用意しましたのでご参考にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加