ゴルフ   OKパターを確実に入れる

みなさん30㎝~40㎝のショートパットを外されたことありますか?
確かに確実に入れたい距離ですが緊張した場面では不安になりますね。
この距離を安定してストロークできるように練習しましょう。
先ず確認したいのはどんなに短い距離にもラインがあるので
しっかりグリーンの芝目、傾斜は読めているか。
フェース面が目標方向に向いているか。
この2点は必ずチェックしてください。
次にストロークについてです。
距離に対してクラブのふり幅が大き過ぎてはインパクトで減速したり、
打ち過ぎてしまいますし、手首を使っていてはパンチやダフリがでます。


スポンサーリンク

手首の固定感



パターを振子のイメージでストロークされている方、またグリップを軽くふわっと
握られている方はとても違和感を感じると思いますが、このような感覚もあるのかと
練習していきましょう。
ショートパットでしてはいけないことは体が動くこと、頭を動かすことです。
下半身が動かないように両足裏全面を地面と密着しときましょう。
グリップは練習で両親指、人差し指の4本で握りストロークをしましょう。
両手のバランスが取れないと安定してストロークできませんし、
真っ直ぐパターヘッドを動かすことも難しいと思います。
右手だけでも左手だけでもなく、両手、両腕でストロークしている感覚を掴んでください。
次に両手の中指、薬指でグリップを握ります。
ストローク中にグリップから手が離れたり緩ませることなくパターを動かします。
素振りでイメージが掴めたらこのままボールを打ってみます。
手首を使ってストロークしていてはどちらかのグリップが離れたり緩んでしまったりします。
手の平からグリップが離れないでストロークできるようであれば通常通りにグリップを
握ってストロークしボールを打ってみましょう。
ショートパットで心掛けることは如何にフェース面をぶらさずにインパクト出来るかです。


動画を作りましたのでご参考にしてください。



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加