ゴルフ  体の動きを覚える

ダフリ、トップが出る方には体の動きに傾向があります。
傾向(癖)を知ることでコースや練習場でミスした時に自分でスイング修正できるようになります。なんでミスしているのか、どうしたら改善するかを知ることでミスを引きずらずに楽しいゴルフができるようになります。
今回はクラブを使わずに自分の体の動きをチェックしていきましょう。

先ずは自分の動きを体と目で確認するために鏡の前で直立して両腰に手を置きます。
背骨を軸として腰を左右に回転させ体の動きを感じましょう。頭や腰が左右に動いていないかをチェックし、スムーズに動かせるようでしたらアドレス時の前傾をして同じ動きをしてみましょう。前傾した時は左に腰を回転させる際に右足を上げて通常のスイング時のフィニッシュを作るように足を動かしましょう。
またスムーズに体を動かしずらい方は頭と腰を横に動かさずに体を回転できるようにストレッチとして毎日継続することをお勧めします。

スポンサーリンク

動きを覚えるセルフチェック

キャディーバックを準備して鏡の前に立ちます。
キャディーバックの後ろに立ち体を隠し腰に手を当てます。先ずは体が左に動いてしまいミスする方はキャディーバックで隠れた体が、ダウンスイングで左に腰が突っ込んでしまいキャディーバックで隠されていた下半身が大きく見えてしまいます。そういう方は左腰を回転させて左足が引けるくらい動かしましょう。
次にダウンスイングで左腰が引けてしまい右に重心が残ってしまう方は左足の前にキャディーバックを置きましょう。インパクトの形を再現した時にキャディーバックに左腰、右腰が隠されているかチェックしましょう。クラブを持たずに体の動きをしっかり表現できるように頭と体でしっかりどの形が正しく、目指しているモノ、どの形が良くなく、ミスが出ているのかをしっかり把握することが上達への近道だと思います。
ストレッチと思いご自宅で練習してみてください。

動画でもレッスンしております。
ご参考にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加