ゴルフ  ショートアイアンでピンを狙う

100ヤード前後の距離は何番で持たれますか?
男性であれば52度、PW、9番アイアン、女性ですと9、8、7番アイアンくらいでしょうか?
男性でも女性でも100ヤードと言われると、ほどほどにクラブを振らなくては距離が届かないと思われるようです。
勿論振らなくては距離が出ないのはわかりますが、その振り方、バランスがとても大事になります。フィニッシュまで振り抜く時に下半身を使って振りぬけているのかチェックすることをお勧めします。腕だけでクラブを振ってしまっては距離は勿論方向性を安定させることがとても難しくなります。

スポンサーリンク

スイング幅

先ほどもフィニッシュまで振り抜くという表現をしましたが、ショートアイアンでドライバーみたくクラブを頭の後ろまで振り抜くことは極力しません。なぜかはピンに、また目標に確実にラインを出したいからです。遠くに飛ばそうとすれば自ずと腕に力が入り上半身と下半身の一体感を得ることが難しくなります。ゴルフスイングの基本動作にクラブを体の正面に保ちという表現があります。これはクラブを握る手、腕を体の正面から離さなければボディーを動かさなくてはクラブが動かないということであります。
先ずはアドレスを取りグリップ位置を変えずにクラブヘッドを真上に持ち上げてみましょう。クラブを持ち上げる時に手元の位置が変わらなければ自然と両脇が締まる感覚が得られると思います。その状態のままお腹を右、左に捻ってみましょう。ボディーと腕の一体感を感じながら腕の捻りを加えてテークバックでは左腕が地面と平行、フォローでは右腕が地面と平行まで振りましょう。この動きがハーフスイングです。テークバック、フォロースルーでしっかりクラブを起こせるように手元を低く保つことがポイントです。スイング中にクラブを振るを腕を振ると勘違いされている方もいらっしゃいます。腕を振れば振るほど手元が上がりクラブを起こすことがしにくくなります。クラブを手首の力で軽く起こせるよう両脇を締めて手元を低くスイングできるようにゆっくりスイングでよいのでスイングしましょう。
お腹を左右に振るということは必然と下半身も動いてくると思います。腕の振りではなくお腹の捻りを強くすることで下半身が動きだしてくると思います。足、腰が動いてきたら腕を、クラブを下半身で動かしている感覚になるように練習しましょう。このイメージでスイング出来るスイング幅はハーフスイングで十分です。手の位置、腕のふり幅が低く小さいからこそ下半身と上半身の一体感でスイングができます。このスイング幅でボールを飛ばすことでスイングに緩みがなく狙ったところにボールが飛ばせるようになります。最初は体の動きが小さく飛距離が落ちるかもしれませんが、今回は飛ばすことが狙いではなくピンに目標方向にボールを飛ばすことが狙いです。スコアーを良くするにはショートゲームの精度は不可欠です。
動画を作成しましたので動画も参考に練習してください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加