ゴルフ  アプローチ  ピッチショット編

アプローチには3タイプあることはご存知ですか?
①ランニングアプローチ
②ピッチエンドラン
③ピッチショット
このアプローチを覚えることでグリーン周りで
どのようにボールをカップに寄せたら効率が良く、
またそのアプローチでは何をしなくてはいけないかが明確になることで
ミスヒットが減り寄せられる確率が上がると思います。

スポンサーリンク

ピッチショット

ボールを上げてカップに寄せるアプローチをピッチショットといいます。
ボールを上げる(キャリー)割合を7、ボールが落ちてから転がり(ラン)止まるまでの割合を3
とした7対3のイメージで寄せるアプローチです。
使用クラブはSWかAWを使いましょう。ボールを上げるのでロフトがあるものを使用した方がイメージしやすいですし、
ボールも高く上がりやすいです。

打ち方

・ボールの位置は左足かかと線上に置きます。
・足は飛球線に平行に構えますが、左足のつま先だけを開きます。
・肩と腰は飛球線に対して平行に構えます。
・バックスイングはリスト(コック)を使いヘッドを上げます。
・インパクトはしっかり握ったグリップのまま振り抜きます。
・腕だけではなくしっかり腰、足を使ってフォローをとります。
・距離に応じてフォロースルーの大きさをかえてスイングします。

まとめ

アプローチウェッジやサンドウェッジのロフトを生かしてボールを上げ、
旗の近くにボールを落とし、球を止めるのがピッチショットです。
ボールが深い草の中にある時でも、クラブフェースの角度があるので草を切り取り、
ボールを打ち出すことができます。距離に応じてスタンスの幅を変えて、軽い
オープンスタンスにして体の回転でスイングしていきます。

動画を作成しましたのでご参考にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加