ゴルフ  セカンドショットがミスをする

向き

コースに出るとどこを向いているのか、
またどうやって打つんだかわからなくなる方がいます。
向きというのは練習場ではマットの端やマットに描かれている線など、飛球線方向を示すものが何気なく視界に入ってくると同時に、何球も同じ場所から打つことで体が真っ直ぐボールが飛ぶように修正をしています。

ところがコースでは1球勝負ですし芝の上では目標物に合わせる指標がありません。

そこで役立つのが最近キャディーバックに入れている方もいますがスティックだったりクラブです。

構える前にボールと目標を結んだラインの手前にクラブを平行に置きます。

次に足元(つま先)に先に置いたクラブ(線)と平行に置きます。ここが大事なのはつま先側に置いたクラブは決して目標物に向けるのではなく、目標物よりも左を向く2本のレールが平行に目標に向かっていく電車のレールをイメージとしてしっかり理解してください。つま先のラインが目標物に向いてしまったら体が右を向きボールは右に行きやすくなります。



スポンサーリンク

ボールに当たらない



ボールに当たらなくなるとはまず軸が意識できていないことが原因に思います。
軸というのはスイング中に踏ん張っている足です。
踏ん張るといわれてもなかなか自分で足に意識がないと言われる方もいますが、ゴルフ場には平らなライよりも傾斜地の方が多くあります。
左足上がりや左足下がりの状況では両足で踏ん張るというより、傾斜の低い方に重心が多く掛かります。
この掛かった重心を保ったままスイングすることでインパクト、スイングが安定してきます。

この感覚を普段の練習から取り入れていきましょう。

まずは左足を前に出し重心を掛けて膝を軽く曲げます。
この膝の高さを変えずにクラブを振れる範囲でスイングします。
その際頭が左膝よりも左に動かないように心掛け、左足の内側を壁としてスイングできるように練習します。

つぎに右足を前に出し重心を掛けて膝を軽く曲げます。
この状態でクラブを振ってみますが、その時は左膝と同じように膝を固定するのではなく、右膝を目標方向に捻りますが頭は右膝よりも右に傾けるように腕と頭を逆方向に力を加え遠心力を生みます。

この左右の感覚でどちらがしっくりイメージできるかを掴みます。
イメージできる足を軸足として通常通りの構えをとりスイングします。
常に背骨をスイング軸として背骨よりも頭が目標方向に突っ込まないように心掛けてスイングします。

コースにでればスイング云々よりもボールに当てたい、あそこには行かせたくないと結果がとても気になり手先を使ったスイングになりやすいと思います。
コースにでてもクラブを振る為には体をどう使わなくていけないかをしっかり把握し、クラブを振れるように練習してください。
この練習をすることでバランスが良くなり安定したスイング、安定したインパクトが出来るようになります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加