ゴルフ   ドライバーを振るとボールの手前を叩くダフリがでる

ドライバーはキャディーバックに入っているクラブの中で1番長いクラブです。
その長いクラブでティーアップしたボールを叩き飛距離を出すことは、とても爽快であり遠くに飛ばすことはゴルフの醍醐味です。
ところが気持ちよくスイングしたのにボールの手前の地面を叩いてしまったり、ボールの上をかする程度のチョロをして恥ずかしくも悔しい思いをされたことがある方もいらっしゃると思います。今回はこのダフリについて解説していきます。

まずダフリの原因ですが、ゴルフはアドレス(構え)した時に姿勢を前傾させます。前傾姿勢を保ったまま腕、クラブを振るのですが、体の動き(腰の回転)が強く体の正面から手元が離れてしまうとグリップが浮き、ヘッドが低く下がり内側からボールに向かってくるとインパクト前に地面を叩いてしまうダフリになってしまいます。鏡などで自分のスイングを見ながらスイングされる時に頭の動き、体の横の動きを確認すると同時に手元がどこにあるかをチェックしてください。



スポンサーリンク

クラブを起こす




手元が浮くことがダフリに繋がっていると先にお伝えしましたが、手元が浮いていると、浮いていないを体感してもらうためにマットの上にティーアップせずにボールを置きスイングしてみます。ボールが打った瞬間に右に飛び出すようでしたら手元が浮いている傾向があります。
出球を左に飛び出せていれば手元のコントロールができていると思います。

また通常通りにアドレスを取りトップで止まります。止まったトップから一気にクラブを振るのですがその時に左腰、左足をおもいっきり右足の後ろにずらすほどに動かします。体をおもいっきり動かしてもクラブでボールを叩くためには手元が浮いてしまっては叩けません。
クラブをダウンスイングでタメて下す意識ではなく、トップでできた手首のコックを早く解くようにヘッドでボールを叩くことでインパクトが改善できると思います。



動画を作成したのでご参考にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加