ゴルフ  上半身の動きと下半身の動きを覚えましょう。

ゴルフでよく使われる言葉に「肩を回せ」、「腰を回せ」、「頭を動かすな」があります。

この言葉は体に軸を作って回転しましょうという表現ですが、クラブを持ってスイングの中でこの動きをイメージして出来るほどシンプルな動きではありません。
というのも通常の生活の中で前傾姿勢を保ったまま速い動きをする動作がないので、なかなかイメージも感覚もわかないからです。

ゴルフのスイングとは決まりがあるようで決まりがなく、理想のスイングと理想からかけ離れたスイングでもボールを目標方向に飛ばすことが可能です。

ただしそこには再現性、正確性、飛距離が出しにくいなどリスクがあります。
ここをしっかり理解し、できる範囲で体の動きを習得することで体に負担の少なく、バランスのよいスイングができるようになると思います。

今回はクラブを持たずにご自身の体をコントロールできるように練習していきましょう。



スポンサーリンク

体を捻る




まずは直立して肩幅に足を広げます。
腰に両手を添えて上半身を正面に保ったまま下半身を左右に捻ります。
最初はゆっくり正確に腰を動かします。
その際膝の動きは小さくして太ももを使って左右に捻れるようにしましょう。
腰を動かそうとして体全体を動かそうとする方がいますが、体を捻るうえで軸がブレる動きがないように頭を背骨の上にしっかり乗せたまま下半身を捻りましょう。
少し膝を使った方が下半身の動きがスムーズであれば膝を使っても構いません。
膝を使っての重心移動は極力小さくして回転を強く意識してください。

次に股関節から上半身を前傾させて下半身を左右に捻ります。
この時につい腰を回転させて上半身を捻ろうとすると頭がブレやすくなりますが、頭の位置、鼻の向きが変わらずに上半身を捻れるようにしましょう。

クラブを持たずに体をコントロールできてきたらクラブを持ちゆっくりスイングします。
クラブを振ろうとすると大きく振り被ろうとされるかもしれませんが、ここでは胸くらいの高さまでで十分ですので腕の動きよりも確実に体の捻りを意識してください。体が横に動くことがないようにしっかりその場で体を捻る窮屈な回転動作を覚えていきましょう。


動画を参考にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加