ゴルフ   真っ直ぐな球筋はありません

よくどういう球筋のボールが打ちたいのですかと聞くと、

「真っ直ぐな球筋」と答える方がいらっしゃいます。

そこで私は「真っ直ぐですか」ともう一度確認するのですが、
「はい、真っ直ぐです」と返ってきます。

確かにストレートな球筋とは憧れますし、
ボールを真っ直ぐ飛ばすものと思われている方が多いことにビックリします。

本などでも球筋の説明でストレート、スライス、フックとうたうので、
ならば真っ直ぐな球筋を打ちたいと思いますよね。

ここでイメージしていただきたいのはボールは丸く球体であり、
クラブにはロフトがあるということです。

ゴルフはボールにスピンを掛けてボールの飛び、方向を操るものです。

面と面がタイミング良く当たらなくては真っ直ぐなボールは打てず、
ボールを左右どちらかに曲げてコントロールした方が
よほど優しいいと思います。



スポンサーリンク

スイングの癖



スイングにも必ず癖というものがあると思います。

それはゴルフ経験者であれば経験と練習で培った感覚、体の硬さ、筋肉量によるもの
でスイングにはなんらかの傾向というものが見受けられます。

その癖があるスイングを良く見せるため、良くボールに当てるため、
また再現性を上げるためにと修正することも大切ではありますが、
今の感覚で良いところ、修正したいところを見極めてスイングを修正していきたいですよね。

なぜかとは自分のスイング傾向を活かしたスイング作りをすることで一貫性のスイングができ、
同じ球筋のボールが打てるようにさせやすいからです。

真っ直ぐ飛ぶボールは左右どちらにも曲がりますが、
どちらかに曲がっている球筋はその曲がり幅に大小あれど同じ曲がり方をするので
コースでは攻めやすく戦略がたてやすくなります。

スコアーを作るうえではとてもお勧めできるスイング作りです。

しかし、飛距離をもっと出したいとなればまた少しスイング作りも変わってきます。

それは飛距離を出すためにはまずクラブを今よりも速く振らなくていけません。
速く振るには瞬発力、またバランス感覚、筋力が必要になり、この要素を体に入れなくては
今以上の飛距離は望めません。

軽いもの速く振る体のキレ、腕を振る感覚を掴むためには重たいものを速く振り、
軽いものを速く振りと交互に振った時の感覚の違いを感じて自分のクラブを強く振る。

その時のスイングスピードがどちらよりなのか感覚を知り速く振る時に
自分のどこを使ってクラブを振る時に速さが出せるのかを感じることが大事です。

腕を振るタイプ、腰を使うタイプ、足を使うタイプと感覚は違うと思います。
クラブスピードを出す時に腕を使われるタイプの方であれば
ローテーションさせるか、肘を引く、グリップを緩く持つか強く握るかなど
自分の傾向をしっかり把握することがとても大事であり、
自分のスイングの癖がスピードを減速させているのなら改善しなくてはいけませんし、
現状のスイングでもスピードが出せるのであればそのスイングをした時にでる球筋を
ご自身の球筋と決めてゴルフをされることで安定感、スコアーが上がってくると思います。

ボールとクラブが当たる一瞬を常に真っ直ぐ(スクエア)にするのではなく、
自分のスイングをした結果いつも同じ球筋になるの方が体にもスイングにも優しいと思います。
ご自身のスイング作りはどんな球筋を打ちたいのかを、
体の状態(柔軟)と相談して探してみてください。

その結果が真っ直ぐな球筋であれば是非ストレートボールの練習をお薦めします。



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加