ゴルフ  近い距離のアプローチが苦手な人へ

ティーショット、セカンドショットが好調でグリーン近くまでボールを運んでこれたのに、
ピンまですぐそこの状況から3打、4打掛かった経験ありませんか?

そのショットが難しいライからアプローチであれば少しは慰められますが、
フェアウェイの真ん中、障害物もない絶好のライからのショットでは
悔しさ通り越して情けなくて自信を失ってしまいます。

なぜ近い距離のアプローチが難しいのかといいますと下半身が止まりやすいからなんです。

下半身というのは腰、足を言いますが、ここでは特に足がポイントになります。
普段何気なく歩かれていると思いますが歩く時の動作をイメージしてください。
足を動かすと必ず腕を振りますし、歩くスピードを上げる時、
走り出す時などは上半身を前方に傾けて足を速く前に出せるようにしたりしますよね。
この動作がスイングと一緒でティーショットやセカンドショットでは
長いクラブでボールでボールを飛ばそうとするので、
下半身(足)を使い右から左に重心を移動させてスイングをします。

その結果フィニッシュで右足かかとが上がっていると思います。
ところが短い距離になればなるほど下半身(足)を使わずにスイングしようとするのです。

ここがポイントなのですが下半身を使うとは腰を回転させることではないということです。

アプローチというと左重心にしてボールを真ん中または右足寄りに置いて構える方がとても多くいます。

その方になぜ左重心にして構えるのかと聞くと、短い距離だから・・・? 
軸を安定させるため・・・?
言われることは間違いないのですが、結果は頭とは裏腹で、
左に重心を掛けておいてスイング中に頭が左に動いてしまったり、
打ち終わった姿がどうもお腹が引けて右足重心になっていたりしています。

重心を左に掛けたアドレスをするのは重心移動をしなくても軸を作っておくためであり、
軸ができているのでふり幅だけでアプローチをすれば結果が付いてきますよということなのですが、
ここを我々ゴルフを伝えるものの言葉足らずで、プレーヤーに誤解を招いているところだと思います。
先ほど触れました普段の歩く動作で何気なくされている動きをゴルフに置き換えてもらい、
下半身の動きと腕の動きを一緒に改めてアプローチを克服していきましょう。



スポンサーリンク

アプローチこそ積極的に足を使う



兎に角お伝えしたいことはどんなに短い距離であろうとも
必ず右足かかとを上げることに重点をおくことです。

アプローチが苦手な方に右足上げてスイングしましょうとお願いしてよく言われる言葉が、
右足上げたらボールが飛び過ぎると言われます。

ショットではボールを飛ばしたいといい、
アプローチでは飛ばしたくないとはなかなか(笑)もちろん気持ちはよく分かります。

でもボールが飛んで正解なのです。

普段のストローク幅(腕のふり幅)が大きいからこそ足を使うと飛んでしまうものを、
普段は腰を回転させているだけで、
重心移動をしていないからボールが飛ばせずにふり幅ばかりが大きくなってしまっているのです。
重心移動をしないように左足に重心を置いてスイングされるのであれば、
左足が軸のまま右足かかとを上げたフィニッシュがとれなくて重心が左とはいえません。
右足かかとが上がらない方は左足重心で構えているもののフィニッシュでは
左足かかとに多くの重心か右足裏に重心が残っている方が多くいます。
これでは重心が飛球方向に掛かっておらず力がボールに伝えられません。

また先ほどの歩く動作の話に戻りますが、
歩く速度、走る速度によって足裏の使う部分が違うことは無意識にしていることですが、
改めて意識してください。

歩く時の着地はかかとですよね。
では速く走る短距離走はかかと?つま先?どちらの足裏を使いますか?

また長距離を走る時は、つま先?かかと?どちらを先に着地させて走りますか?

答えは短距離はつま先、長距離はかかとと、ここは頭も体も一致するところだと思います。

この回答こそがゴルフにも通ずるところで、
短い距離になればなるほど左足裏全面または母指球(つま先)よりに重心を掛けたままスイングをすることで
足の踏ん張りが効き、重心を受け止められるようになります。
そうすることで左足に力が入るようになり、
右足も上げやすく腕の振りで距離感をだすこともしやすくなると思います。

まずはショットとアプローチで重心(足裏)の掛け方が違うことを理解されると、
リズムよくボールを打つことができるようになると思います。

また動画を作成しましたので、ご参考にしてください。
この動画のドリルこそかかと重心ではできないものですので練習してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加