ゴルフ  ボールが上に高く上がるテンプラってなに?

ゴルフを始められたばかりの方にテンプラってなんだと思いますかと尋ねたら、
確実に食べ物を指していると思われますよね。

テンプラとはティーショットをドライバーで打った時に、
ボールが高く真上に上がり距離がでないボールのことをいいます。

なぜドライバーショットでテンプラが起きるかというと
ティーショットの時にだけ使用するボールを乗せるティに原因があります。
しかしショートホールでもティーショットでティを使われますが、
そうそうテンプラはしないですよね。

今回はティの高さ云々ではなくスイングについてお話ししていきます。

アイアンやフェアウェイウッドはクラブの構造、
またプレーヤーが地面の上にボールがあるのでボールに当てたいとボールに向かってスイングする傾向があります。

この傾向とは打ち込みにいくタイプと掃うように打つタイプです。

この辺は意識、無意識の範囲でしょうが、テンプラが出る、出ないに大きく左右します。

ボールを打ち込みにいかれるタイプのスイングは、体重移動が大きく体を左右に動かし、
その動きに伴い手首の角度もつけてスイングされます。

次にボールを掃うようにスイングされているタイプの方は、
体重移動が小さく手首の動きを抑えた回転の速さでスイングされます。

両者ともに同じゴルフスイングなのですが、まったくクラブを振る力の出し方が異なります。
ではどちらのタイプがテンプラボールが出やすいかというと、
傾向として体を左右に振る体重移動が大きなスイングの方に見受けられます。



スポンサーリンク

スイングチェック



では先ず2個のチェックポイントからお伝えします。

①ボールを打つ時に上半身がボールよりも左に突っ込んでいないか?

②アドレス時にできた手首の角度が解けていないか?

なかなか自分のスイングを客観的に見れることは少ないかも知れませんが、
クラブを持ち体を前傾せずに直立してクラブを振ります。
その際目線を遠く(練習場であれば10打席くらい前の動かない柱やモノ)に保ちながら左足踵を上げて、
しっかり重心を右に乗せてからフィニッシュまでのスイングを5回くらい連続でします。

ここでのポイントはトップで左足を地面から離せるくらいしっかり右足に重心を乗せられるかであり、
目線が右に動かされるくらい下半身、上半身(頭)が右に動かせているかです。

かなり動きが大きく感じますが、その動きで5、6割くらいの力でボールを打ってみましょう。
右に重心を乗せ、左に重心を乗せ返す時に頭が左に引っ張られないように
右足に重心を乗せた感覚をスイング中に忘れないようにしてください。

次に手首の話ですがここはとても難しく、できてるか、できてないかの感覚が掴みにくいです。

なのでスイング軌道を意識して手首の感覚を鍛えていきましょう。
スイング軌道というのはクラブをスイングする際にシャフトが体の周りを動いた軌跡のことです。

ボールを置き構えた姿勢(アドレス)をとります。
ボールの後方に3本のラインをイメージしてください。
1本はボールの後方真っ直ぐうしろに。
1本は真っ直ぐの線より内側(体寄りに)。
1本は真っ直ぐの線より外側(体から遠く離れる)。
この3本の線を常に頭の中に描けるようにしてください。

また先ほどの線をボール前方にもイメージします。
ボールを置きアドレスをして飛球線に対して真っ直ぐの線を1本。
飛球線に対して内側(体の近く)の線を1本。
飛球線に対して外側(体から遠く)の線を1本をイメージします。
クラブをボール後方外側の線からボール前方内側の線に振られているスイング軌道を、
ボール後方内側の線からボール前方外側の線にクラブを振れるようにスイングしましょう。

体の近くに腕を、クラブを振ろうとすると腕が窮屈になり
クラブと体で遠心力を作ることができにくく体が左右に動きやすくなります。

しかし、先ほどお伝えした腕と体の距離感を作る意識でスイングすることで、
上半身(頭)が左に動きにくいスイングがしやすくなると思います。

今回も文章ではなかなか分かりずらい動きを、
このテキストと内容は若干異なりますがテンプラについての動画を作成してみました。


ご参考にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加