ヘッドスピードを上げるには素振りにコツが

ボールを遠くに飛ばすためにはボールに与える衝撃を大きくしなくてはいけません。

その為にはクラブを振るスピードを上げることが重要です。

ヘッドスピードを上げるためにクラブやバット、ヘッドスピードを上げる練習器具などで素振りをされていますか?

素振りの時はイメージ通り体を動かせるのに、
ボールを打とうとするとなかなか理想の形ができない。

素振りの時はヘッドスピードを上げることが
できても、ボールを目の前にすると出し切れない。
という方がいます。

このボールを前にしたら変わってしまう感覚ってなんなんでしょう?

スピードを上げてクラブを振ろうとすると素振りでは下半身がスムーズに動きやすく、
ボールがないことで目線も止まらずに手先や腕も体の動きに連動してクラブが動いてきます。

これは力を出しきって振っている感覚でしょうか!

ところがボールを目の前にするとボールにクラブを当てようと体の動きを制御してしまいます。
スムーズに動いていた重心移動が小さくなり、手先、腕に力が入りヘッドを振るではなく、腕や手に力を入れて腕ごと体ごとでボールを叩きにいきます。

これでは折角の素振りが似て非なるものであり
活かすことができません。



スポンサーリンク

クラブを振る



まずクラブを振るとは力を出す動きではなく、
力を引き付ける動きと理解してください。

力を出そうとすれば体も使いますし、
スピードが速くなればその動きでボールに当てれるかと体がこわばり逆に萎縮します。

ところがクラブを加速させるために
動きを小さくし、腕を振るから腕を
一瞬止めることでクラブが加速する
という感覚、意識に変えて欲しいです。

例えば犬を散歩させたことがある方でしたか、急に犬が前に強く歩きだすとリードが張り腕が引っ張られ、力で引き寄せようとしても腕が伸ばされてしまっているので強く引き戻せない感覚ってわかりますか?

それに引き換え体の近くに手元を保ちリードを持っていれば、引っ張られる力に腕が負けずに支えられます。

ゴルフはクラブを強く振るとは自分の力を出し切る作業だけではなく、如何にシャフトのしなりを使えるかがポイントです。
自分の力を加え、シャフトの慣性を引き出しことでヘッドスピードが上がり、飛距離に反映されるのです。

この感覚を素振りに取り入れることで、
素振りと実際の球を打つスイングの違いというものが少なくなってくると思います。

この練習動画を作成しましたので
ご参考にしてください。



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加